ペットモデル・動物プロダクション エムドッグス

株式会社ペットモデル普及協会

ワンちゃんがオモチャを離す方法と股くぐりのトレーニング方法

2022年1月4日

あけましておめでとうございます!エムドッグスのスタッフです!

本日はモデル犬のビビと一緒にオモチャを離す方法と股くぐりの練習をしました。

オモチャを離す方法のトレーニング方法

よくワンちゃんがオモチャを離さないという話を聞いたことがありますが、飼い主様にオモチャを取られて、おしまいを繰り返されることで持ってこない、逃げ回るなどの行動をとってしまいます。

私もドックランでワンちゃんと遊ぶとき帰り際で中々離してくれないことがあって困ったことがあります(笑)

★~トレーニングポイント~★

1 最初に咥えた物を出すことをコマンド(指示語)でコントロールします。

※何も言わないのに持ってくるのならば「もってこい」などのコマンドを合わせて覚えさせてもいいと思います。

2 オモチャを咥えてるのを出させるために、おやつや他のオモチャを見せて口から出させます。オモチャを口から出した瞬間に「離せ」「ちょうだい」などいい、コマンドを覚えさせ口から出したらよく褒めてご褒美をあげます。それでも口から出さなかった場合は、最初のうちは無理やり口から取り出しても良いです。無理やり取り上げた場合でも、口から出したらよく褒めてご褒美をあげます。

これを繰り返すことで、覚えが早くなります。

コマンドは家族と統一することでより覚えが早いのでぜひお家にいるワンちゃんたちにもやってみてください。

 

股くぐりのトレーニング方法

★~トレーニングポイント~★

1.犬が通りやすい幅で片足を出す

右足の場合は犬を左側に、左足の場合は右側にいるようにして内側からくぐらせます

コマンドは左足は「スルー」右足は「エイト」になります

2.くぐらせるように誘導する

お気に入りのおもちゃやおやつを持って反対側から誘導をしてあげます

3.おもちゃ、おやつを反対の手に持ち替えて前に進む

持ち替えたらまた1.2.と同じように誘導をしていきます

 

くぐれたときはしっかり褒めましょう! 失敗しても気にせず誘導を丁寧に!

 

これを繰り返すことで人が歩いている足の下をくねくねとくぐれるようになります!

簡単な説明ではありましたが参考になってくれたら嬉しいです。

〈ペットモデル〉

ペットモデル ゴールデンレトリーバー ビビ   

ペットモデルの動物プロダクション エムドッグス